So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
-| 2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

行政書士試験短期合格術【H23年度対応版】 小野 敬人 [行政書士試験短期合格術]

行政書士試験短期合格術【H23年度対応版】

行政書士試験短期合格術【H23年度対応版】


下記より購入し簡単な感想を送るだけで最大7000円還元されます!
行政書士試験短期合格術【H23年度対応版】




民法は行政法に次いで大きな点数配分です。

しかし、上述したとおり民法は行政法と大きく異なり、
記述問題に半分以上の40点の配点がなされています。

つまり、行政法は過去問中心の勉強で択一式問題への対策をすればOKですが、

民法を攻略する為には、

行政書士受験生の誰もが苦手とする民法の記述問題に強くなる必要があるのです。

行政書士試験短期合格術【H23年度対応版】

ただ、この民法の記述問題を苦手としている受験生は多く、

近年余りにも行政書士試験民法の難易度が増したことから、

ネット上では

「司法試験で使う基本書を読み込まなければ合格できなくなった」

とまで言われています。


しかし、行政書士試験受験に司法試験の基本書を読み込むのは余りに非効率的です。


何故なら、

難解な司法試験の基本書からなにを読み取れば、行政書士試験の記述問題に対処する事が出来るのかが分からないと、例え貴方が司法試験用の基本書を何度読み込んだ所で、行政書士試験に必要なポイントが全然頭に入ってこないからです。


司法試験の民法テキストには、条文解釈に関する判例、学説、反対説等のいわゆる「論点」が書かれています。
行政書士試験には、判例による解釈以外のその他の記述はほぼ不要です。

このように、行政書士試験ではどんな知識が必要なのか?
民法の何を学べば問題を解けるのか?

これらが分からなければ、遠回りをする危険があります。


苦労して難しい書籍を読んだ結果、何の役にも立たなかったという結果に終わる可能性もあります。

情報商材レビュー

しかし、一般に市販されている行政書士試験専用の書籍では相変わらず択一対策用のテキストばかりで現行の民法の問題にはまったく歯が立ちません。






そこで、

司法試験並みに難しい記述問題が出題される不動産鑑定士の民法、
及び
権利関係について細かく聞かれる宅建試験の民法、

これらの試験の受験指導経験を全て注ぎ込み、今まで出題された民法記述問題の過去問に全て目を通して分析しました。


すると、不動産鑑定士試験で民法の記述問題に多く触れてきた者だからこそ分かる、行政書士民法記述問題に対応する為のあるポイントを発見する事ができたのです。

このポイントを抑え、特に行政書士試験で問われる部分についてフォーカスして勉強すれば、短期間のうちに新試験制度移行後の民法記述問題に対処する事が出来るようになります。


そして、それは記述問題対策だけでなく、択一式問題への対策になるのです。


そこでわたしは、
1000条以上ある民法条文の中から行政書士試験で問われる可能性の高い部分について、ポイントを纏めた行政書士試験専用民法虎の巻を作りました。


このテキストを使って、勉強する事によって行政書士試験受験生の多くが苦手とする民法において、記述、択一どちらも合格ラインに達する事ができます。

あとは基礎法学、憲法、行政法、商法で点数を積み増して行くだけです。

勉強に一番時間のかかる民法を短期攻略する事によって、
3ヶ月という短期間でも行政書士に合格する事は十分可能なのです。






所で、行政書士試験の合格条件は2つありましたね。

1.全300点中6割以上の180点以上をとること。
2.一般知識等科目の得点が、4割以上(6問正解)であること。

法令科目については、上述の方法で合格点をとるとして、

問題は一般知識等のあしきりです。


いくら法令科目で合格点をとったとしても、一般知識等であしきりにあったのではなんにもなりません。

実は、法令科目は合格ラインに達したが、一般知識等であしきりにあい残念ながら不合格だったという人も多いのです。

そこでわたしは上述のような法令科目対策以外にも、一般知識であしきりに合わない方法についても対策を考えました。


そこで分かった一般知識等問題であしきりにあわないポイントは・・・


ある分野にだけ的を絞り、集中して勉強する事


です。


幅広い一般知識等の問題においても、ある分野に絞ってテクニックを身につけると、
たった一日で一般知識等問題のあしきりラインをクリア出来るようになります。


最小の努力で最大の効果を得ることが出来るのです。





社労士試験に一発合格!梅田浩一の最短・最速勉強法

社労士試験フルスロットル講座2011

1日わずか30分宅建合格プログラム

2011 年!今年こそ宅建合格!独学わずか90日で、宅建試験に一発合格した、ローコスト宅建合格術!

宅建最短合格音声講座2011

平成23年度に対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!

共通テーマ:資格・学び

-|2011年04月 |2011年05月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。